イメージ画像

仰天!気付いたら自分が「浮気相手」に!

私の昔付き合っていた彼が浮気をしていました。
一緒に住んでいたのですが、私の仕事が忙しくなり夜遅く帰宅するようになった頃に発覚しました。

朝洗濯を干していると、なぜか彼の黒いボクサーパンツの前の部分がテカテカ光っているのです。鼻水のようなナメクジが歩いた跡のようなネバつくかんじのテカりでした。
なんだろうと数秒考えて、昨日彼と仲良くした時に彼の液が付いたのだと分かりました。

その数日後、私が夜遅くに帰宅して着替えを洗濯機に入れようとしたその時…彼の脱いだパンツが裏返しになったまま洗濯機に入っているのを見つけました。
そして同時に例のテカりも見つけました。
彼が浮気なんて考えもしなかったので、1人でしたのかな〜ぐらいに思いベットに入ると彼も起きていました。

いつも通りにおやすみのキスをしようとすると「今日はいいよ」と言う彼。
今までそんな事はなかったので少しショックでしたが、疲れてるのかな。と思い、その日は寝ました。
そして、その日からキスを拒まれるようになったのです。
しかし体の関係はありました。けれど最中もキスはしませんでした。

その頃やっと、彼は他の人が好きなのかな。と思うようになりました。でも、興信所などを使う気にはなれませんでした。お金の問題もありますので。
聞いても「そんな事あるわけない」としか言われず、モヤモヤした気持ちで過ごしていました。
それからもパンツのテカりは定期的にあり、だんだん曜日まで解るようになりました。

そして本当の事が知りたい!と決意をし、テカりパンツの曜日に朝から彼には「残業で遅くなる」と伝えておきながら定時に終わらせて、軽く変装をして彼の仕事場へ直行しました。
そして待つこと数分、彼が携帯で話しながら出てきました。
「分かった。待ってて♪」とウキウキな彼。
もちろん電話の相手は私ではありません。
彼の車を尾行し付いた先は…私の見覚えのあるアパートでした。
そして彼を出迎えたのは私のよく知る人。

パンツのテカりの相手は私の友達だったのです。
それから友達とも彼とも縁を切り、彼も友達と終わらせて私の所に来ましたが、彼の荷物共々突き返して終わりました。
パンツのテカりが元で浮気がバレたとは彼も気づいていません。
男性は浮気中によく拭いても、後から尿と一緒に出て来てしまうらしいです。
こんなことになるなら、原一探偵事務所の評判を見てすぐに依頼すればよかったです。

10歳ほど年上だったその男性と出会ったのは、私がまだ20歳そこそこの頃でした。共通の趣味を通じて会い、すぐに意気投合して2人で遊ぶようになりました。正式に付き合い始めたのは出会ってから2,3か月たった時のことだと思います。当時、彼は10年近くに及ぶ社会人生活にピリオドを打ち、ある国立大学の法科大学院に入学して弁護士になる勉強をしていました。授業やゼミがとても忙しく、また、私は東京の南端に、彼は西東京の外れに住んでいて決して近くはなかったために、1か月で会えるのは3回くらいでした。

あまり頻繁にデートをすることもできずに私はさみしい思いをしていたのですが、マメな彼からのメールや電話に支えられて1年ほどお付き合いした時のことでした。ある時、急に彼の家に呼び出されたので会いに行ってみると、すごく彼が落ち込んでいたんです。

今にも泣きだしそうな顔をして、「生きている意味が分からなくなった」なんて言いながら鬱っぽくなっていました。私はびっくりして何があったのかを聞き出そうとしました。本当に、今考えればやめておけば良かったです。

ようやく顔を上げた彼が私に言ったのは、「真剣に付き合っていて、結婚まで考えていた女性がいきなり自分のもとから去って行ってしまった。一体これからどうしたらいいのか分からない。」といった内容のことでした。一瞬、彼が何を言っているのか分かりませんでした。
彼とは、確かに将来の話なんかしたことはありませんでしたが、少なくとも自分のことを好きでいてくれると思っていました。それを、平然と「好きな人にふられた。苦しい。」と言って目の前で泣くのです。しかも、よくよく聞いてみれば、その女性と付き合いだしたのは4か月ほど前からということです。まさか、気付いたら自分が「浮気相手」になっているなんて思いもしませんでした!あまりのショックと腹立たしさで茫然としながら家に帰りました。その後何回か連絡がきましたが、当然、それ以来彼には一切返事をしていません。5年以上経った今、ようやく笑い話にできるようになりました!

タグ

2013年11月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ